部門紹介

営業部 営業課

『共栓瓶の気密性が高い。』 創業から昭和20年代にかけて、試薬・工業薬品メーカー様の支持を受けお取引をさせて頂いておりました。高い品質のご提供とお客様のご要望にお答えすることを第一に営業活動を行い、現在では電子材料業界や医薬品業界のお客様とも幅広くお取引をさせて頂いております。

本社には7名の営業を配置し、全国のお客様に訪問営業を展開しております。また、営業アシスタント制を設けており、担当営業者が不在の際も、お客様への迅速な対応ができるように社内サポート体制を構築しております。

営業部 営業推進課

商品流通をコントロールする部門です。購買(仕入)・生産指示といった物量のコントロールや、購買品の品質確認などを行い、適正な在庫管理と品質確認により、お客様に高い品質の商品をお届けすることを目標に活動を続けております。また、品質管理室・佐久工場と連携し、協力工場へのアクションを実施しております。

品質管理室

お客様のニーズにあった高品質で適正コストな商品を提供できるよう、生産体制を構築するとともに、品質管理体制の高度化を図っております。お客様に安心して製品をご使用頂く為に、各種試験装置や検査機を導入、豊富な開発実績から得られたデータや資料をもとに商品の品質管理を行っています。また、多岐に渡る商品群の情報を活かしスピーディな提案が可能なように、情報インフラストラクチャーの整備を推進しています。

検査室

浦和流通センターに併設された検査室は、商品の受入検査を主な業務としています。お客様のご要望にあった商品をご提供するために、協力工場生産品、一般購入品(メーカーカタログ商品)の製品検査を実施しています。

(主な検査内容)

  • 初期流動品の製品状態の確認
  • 定期購買商品の製品状態の確認
  • 協力工場生産品の製品状態の確認
  • お客様のご要望にあわせた検査規格による製品検査の実施

佐久工場

ダイレクトブロー容器(クリア/多層ボトル)、PPストレッチブロー容器を軸に商品展開しています。工場内は常に清潔に保たれ、すべての生産・検査作業は管理されたクリーン環境の下に行われております。工場が立地する佐久市は交通網も整備され、2010年には工場敷地内に新たに倉庫を新設し、日本全国の出荷に対応できる体制を構築しています。

新商品の開発や、生産ラインの検討・改善など、堀内硝子のボトル商品の開発・生産体制構築を一手に引き受けています。

流通センター

浦和流通センターは、都内方面へのアクセスは約1時間、関東圏へのアクセスも非常に良い、埼玉県さいたま市に位置します。常時一般品を在庫し(硝子瓶:約90種類、ポリ容器:約120種類)、その立地条件を活かし、お客様のもとに迅速に商品をお届けしております。毎日浦和流通センター⇔本社便を運行し、店頭での販売にも力を注いでいます。商品の発送は、特定運輸便を主としているため、安全性・利便性があります。関東圏内であれば、基本的に翌日配達が可能です。

連絡先

堀内硝子株式会社

住所: 本社 〒103-0005
  東京都中央区日本橋久松町5-4

TEL: 03-5645-1222(代)

FAX: 03-5645-1223